新築と中古の違い|一棟買いで不動産投資を成功させたいなら|事前に周辺環境を調べる

一棟買いで不動産投資を成功させたいなら|事前に周辺環境を調べる

新築と中古の違い

住宅模型

マンション投資を行なうときに悩むのが、新築にするか、中古にするか、ということです。新築マンションと中古マンションでは、それぞれリスクや収益が異なります。特徴を理解しておくことで、自分に合ったマンション投資を行なうことができます。新築のマンション投資のメリットは、高い評価を得やすいということです。評価が高い新築マンションは、総額の90パーセント以上の融資をすることも可能ですし、資産価値も評価してもらえるので安心感があります。中古のマンション投資のメリットは、利回りの良い物件が多いということです。新築と違って、しっかりと物件の状態を確認してから購入することができます。ただ、物件によっては設備が古くて、入居者が集まらないということもあるので注意する必要があります。

マンション投資を失敗しないためには、優良な不動産投資会社を見つけるということです。優良な不動産投資会社を見つけることができれば、マンション投資の良いパートナーとなってくれます。投資のリスクを考えて不安に感じる人も多いですが、マンション投資を行なうメリットはたくさんあります。マンション投資を行なうことで、安定した家賃収入を得ることができます。家賃収入なら、資産を保有したまま稼ぐことができるので、比較的リスクは少ないのです。不動産管理会社に依頼することで、少ない労力で稼ぐことも可能です。マンション投資の場合は、マンションの清掃や家賃回収などの管理業務があります。これが手間と感じることも多いですが、このような管理業務は全て不動産管理会社に依頼することも可能です。これなら、他の仕事をしながらでもマンション投資を行なうことは可能なのです。